ファクタリング比較口コミナビ

即日100万円も可!売掛金の売却でファクタリング

フ ァ ク タ リ ン グ

弊社が行うファクタリングとは、お客様の売掛金を「完全買い取り」する、売掛債権売買契約です。売掛金の売買契約ですので、お借入れにはなりませんし、保証等は一切不要です。
金融機関、(銀行・ノンバンク等)で資金調達される場合には、会社の決算状況・財務状況・借入件数・借入総額・条件変更の有無により、その可否が決定されますが、ファクタリングであれば、取引先企業様の現状信用が重視されますので、お客さまの近年の決算・借入れ・財務状況等は、それほど問いません。
その為、売掛金をスピーディーに現金化する事により、キャッシュフローの改善に繋がるサービスが弊社のファクタリングサービスです。
安心して継続的な資金調達が可能となります。 弊社は、事業主様が、資金繰りや資金調達にお困りの事業主様側に立ったサポート会社です。
非常に難しい問題に悩まされている事業主様、弊社と一緒に最良な解決策を考えてみませんか?きっと良い方法が見つかります。
まずは悩まず、お電話・メールにてご相談ください。
また、キャッシュフロー改善等、各種コンサルティングもお任せください!

■ファクタリングおすすめリンク集

 ・ファクタリング比較ナビ
 ・資金調達ナビ
 ・ファクタリング比較ナビ


ファクタリングで資金調達

ファクタリングとは、売掛金がある場合、その売掛金が入金される前にそれに相当する資金を得る仕組みです。
売掛金買い取りと言えば理解しやすいです。
もちろん手数料がかかりますので売掛金の100%の金額は無理ですが、売掛金の80〜90%で資金調達可能です。
また売掛金の額がある程度ないと、引き受けてもらえません。
最低でも、30万円は必要ですね。
取引先にばれないですし、会社が赤字で税金滞納あっても、ファクタリングは使えます。
通常、ファクタリング会社に申し込む場合は、数社に問い合わせて申し込んでいます。
おすすめのファクタリング会社は?!

☆一位 三共サービス




☆二位 トップマネージメント




☆三位 資金調達ナビ


ぜひ、いろいろな会社にお問合せください。

ファクタリングのメリット デメリット

■ファクタリングのメリット

ファクタリングとは、会社の売掛金を『買取』するサービスです。 そのため、こんなメリットがあります。

 ○ 素早い売掛金の現金化

売掛金を早期に現金化できます。
しかも、売掛先の信用が審査の基準になるため、審査が迅速で、非常に通りやすいのです。

 ・税金を滞納している方
 ・会社が赤字な方
 ・銀行に断られた方
 ・消費者金融に断られた方
 ・友人に断られた方

ファクタリングなら、大丈夫です。

 ○ ファクタリングは借入れではない

ファクタリングは、売掛金を買取るサービスです。
ですから、ファクタリングは借入れではありません。
借入れではありませんので、利息の支払いも不要です。
ファクタリングは売掛債権の譲渡なので、帳簿上も売掛の入金となりますので、「企業信用情報に傷がつかない」という面でも、融資を受けるよりも使いやすいサービスでしょう。


 ○ 売掛先が倒産しても関係ない

ファクタリングを利用して売掛金を売却してしまえば、あとは、ファクタリング会社が全て手続きを行ってくれます。
そのため、売掛金を売却後に、売掛先が倒産しても、その責任はファクタリング会社が負うことになります。
売掛先の倒産というリスクを分散できることも、ファクタリングのメリットだと思います。


■ファクタリングのデメリット

 ○ 手数料が必要

ファクタリングを利用して売掛金を買い取ってもらう場合、必ず、手数料が必要になります。
待っていれば、売掛金は100%入金されますが、売掛金を買い取ってもらうことで手数料を支払う必要が発生します。

資金に余裕がある場合は、ファクタリングの必要性は有りませんね、

 ○ 売掛金の扱い

知らない方も多いと思いますが、売掛金は、法務局に登記することが出来ます。
そして、登記した売掛金を外す必要も出てきます。
そのため、登記のための手数料が必要になってきます。また、登記のための時間も必要になります。

http://factoring-hikaku.com/factoring_merit.php
通常、ファクタリング会社に申し込む場合は、数社に問い合わせて申し込んでいます。
おすすめのファクタリング会社は?!

☆一位 三共サービス




☆二位 トップマネージメント




☆三位 資金調達ナビ


ぜひ、いろいろな会社にお問合せください。

ファクタリングは借金ではありません。

ファクタリングとは売掛金を買い取ってもらうことです。
ですので、融資、借金、借入れ、などではありません。

そのため、信用情報に関係なく誰でも短期間で適切な資金を調達することが出来るようになります。
たとえ、信用情報がブラックでも大丈夫。

 ・会社の決算が万年赤字
 ・債務超過
 ・信用情報が悪い
 ・税金滞納中
 ・保証人無
 ・担保不動産無
 ・融資を断られている
 ・どこも貸してくれない

などの悪条件でも、かなりの確度でファクタリングで資金を調達できます。
『激甘審査』とまでは書けませんが、それぞれのファクタリング会社が自己の審査基準を作り上げていますので
審査には、とおりやすいと思います。

まずは、一度、お問合せください。

 ・全国対応
 ・最短即日の資金調達
 ・最大1億円

銀行、消費者金融などは、本当に困って資金がショートしますと、貸してくれません。
しかし、ファクタリングでは、本当に困った時に、即日から1営業日程度で迅速に対応してくれます。
銀行、消費者金融で断られたら・・ファクタリングがおすすめです。
※)ファクタリングの場合は、売掛金があることが、必須になります。
通常、ファクタリング会社に申し込む場合は、数社に問い合わせて申し込んでいます。
おすすめのファクタリング会社は?!

☆一位 三共サービス




☆二位 トップマネージメント




☆三位 資金調達ナビ


ぜひ、いろいろな会社にお問合せください。

ファクタリングの手数料を安くする方法

ファクタリングは、手数料が高いので、なかなか手軽にファクタリングするということが出来ません。
でも、しかし
 ・会社が債務超過
 ・会社が毎年赤字…
 ・どこの金融機関も貸してくれない…
 ・リスケ中…
 ・消費者金融からも借りすぎた…

こんな場合、どの金融機関にも相手にされない場合、ファクタリングがあります!
しかし、ファクタリングは手数料が高いです。。。

そこで!ファクタリングの手数料を少しでも安くする方法を伝授します。

1.売掛債権を買い取ってもらう際、売掛債権の全額ではなく、一部だけを買い取ってもらう。
  100万円の売掛債権があった場合、
  100万円全額を売却するのではなく
  その半分の50万円だけを売却する。

  金額をおさえることで、手数料を少なめにすることが可能です・

2.交渉
  担当の営業と仲良くなって、何度か取引を行い信用が付いてくると
  手数料を下げてくれる場合がございます。
  最初は交渉しても難しいかもしれませんが、2回目以降
  ・来月もお願いするから1%下げて
  ・他社がおたくよりも1%低いんですよねー
  などと交渉すれば、きっと値引きに応じてくれると思います♪

最短即日からの資金調達のQPA(キュッパ)
http://qpa.jp/

■ファクタリングおすすめリンク集

 ・ファクタリング比較ナビ
 ・資金調達ナビ
 ・ファクタリング比較ナビ


工事代金の支払い

工事代金の支払い




工事代金の支払いは、中小企業にとって本当に悩ましい問題です。

 1.親会社から工事を受注する
 2.下請けを使って工事をする。
 3.下請けに工事代金を支払う
 4.親会社から工事代金が振り込まれる。

うーん
仕事した分の金を貰う前に支払いがあり、このやり方では、どんどん資金繰りが苦しくなります。
仕事の入金前に、下請けに支払い。
支払わないと、次から仕事を請けてくれません。
とても悩ましい状況です。

こんな時!
ファクタリングという手法があります。
仕事はある。
しかし資金繰りが苦しい。
こんな時は、ファクタリングで親会社からの売掛金を売却してしまいましょう。


ファクタリングとは



ファクタリング (factoring) とは、他人が有する売掛債権を買い取って、その債権の回収を行う金融サービスのことを言います。
ファクタリングの特徴は、売掛先にばれずに、売掛金を売却することが可能で、即日から1営業日程度で1億円程度の資金調達が可能な方法です。

ファクタリングなら
 ・ブラック
 ・万年赤字
 ・債務超過
 ・税金未払い
でも、資金調達が出来ます。

売掛金を売るだけですから、リスクは無し。
売掛金を売却して、すぐに資金調達が出来ます。

こちらから相談できます。
http://factoring-hikaku.com/soudan.php
通常、ファクタリング会社に申し込む場合は、数社に問い合わせて申し込んでいます。
おすすめのファクタリング会社は?!

☆一位 三共サービス




☆二位 トップマネージメント




☆三位 資金調達ナビ


ぜひ、いろいろな会社にお問合せください。

債権譲渡登記のポイント

債権譲渡登記とは?



ファクタリングでは、売掛金を買取ります。
その買取った売掛金を、法務局に登記します。
登記するための手数料、登記を取り下げる手数料、行政書士に支払う手数料などが発生します。
登記する金額により異なりますが、〜20万円くらいを想定していれば問題無いでしょう。
なお、登記を外す場合の費用は、1〜2万円くらいです。

詳細は、こち
東京法務局
※)会社などの法人がする金銭債権の譲渡などについては,その内容を債権譲渡登記所に登記することにより,債務者以外 の第三者に自己の権利を主張することができます。
これは,金銭債権を譲渡したことを第三者に主張するには,確定日付のある証書によって債務者へ通知するか 債務者の承諾を得なければならないとする民法の原則に対する特例として認められているもので,これにより,債務者が多数に及ぶ場合でも,簡易に第三者対抗 要件を備えることができます。


債権譲渡登記の注意事項



債権譲渡登記で登記される主な項目は次のとおりです。
 ・譲渡人(お客様)の住所や商号
 ・譲受人(ファクタリング会社)の住所や商号
 ・譲渡する債権の債務者(売掛先)の住所や商号
 ・譲渡する債権の種類(売掛金、貸金等の区別)
 ・譲渡する債権の発生日
 ・譲渡する債権の額

債権譲渡登記で注意したいのは、債権を登記するのではなく、既に発生している債権(既発生債権)とこれから発生するであろう債権(将来債権)の両方を登記できるという点です。
そのため、債権を登記した後は、必ず、外さなければなりません。
外す不要は、数万円なのですが、数十万円かかりますー!
と言い切る糞ファクタリング会社もありますので、ご注意くださいねー


ファクタリングのお申し込みは、こちらから
http://xn--g52az3b7zerxb.tokyo
通常、ファクタリング会社に申し込む場合は、数社に問い合わせて申し込んでいます。
おすすめのファクタリング会社は?!

☆一位 三共サービス




☆二位 トップマネージメント




☆三位 資金調達ナビ


ぜひ、いろいろな会社にお問合せください。